おすすめ情報

パニック障害

パニック障害という名称が生まれたのは1980年のことですが、日本では長い間、ほとんど定着していませんでした。
定着はしていなかったことから、身近な人からの理解が得られなくて苦しんだ人も相当にいたと伝えられています。
最近では、パニック障害を持つ芸能人が自分の経験を公表するケースも多くなり、それと同時に多くの人に浸透していきました。
パニック障害といわれるようになるまでは、心臓神経症であったり不安神経症であったりということで診断されていました。
パニック障害の有名な症状としてパニック発作が存在しますが、発作だけの症状ではパニック障害と決めることはできません。
要は、パニック発作が繰り返され、発作がいつ起こるかという不安な気持ちが強くなり、発作に見舞われないように逃げる行動が出ているときに判断されます。
パニック発作だけが頻繁に発生しているのなら、身体の他の部分に原因があると考えるか、他の精神疾患を疑います。
パニック発作は、動悸や息切れ、呼吸が苦しくなるなどといった症状が突然あらわれますが、30分もすると良くなってきます。
発作の種類はバリエーションがあり、呼吸器系や心臓などに関わる疾患を怪しむ人が多いでしょうが、パニック障害であればそうした疾患は見つかりません。
このことを知らないために原因が分からず、あちこちの病院で診察してもらう人もかなりいるようです。
パニック障害は、変だなと思ったときに早い段階で治療をスタートすれば、完治できる病気です。
判断されるまでに時間が経っていて、慢性化してしまうとなかなか治りにくくなりますので、極力早い段階で医療機関での治療をスタートさせましょう。