おすすめ情報 > 乳腺炎

乳腺炎

母乳育児をする中で起こるトラブルで多数の人がなる乳腺炎ですが、それは乳房のトラブルの一つです。
乳腺炎と呼ばれるものは、母乳による子育てをする人なら最も注意したい症状とされています。
おっぱいが詰まって、乳口からの感染が生じることが原因となる乳房の炎症で、痛みや腫れが見られるのみならず熱まで出てしまうこともあります。
おっぱいが詰まってしまうことが第一段階なので、詰まりが消えれば問題もなくなるのですが、痛みを感じるので強引に詰まりを解消しようとしなくても良いのです。
乳腺炎の症状を改善するには、お母さんがゆっくり身体を休めることが大事になります。
乳房を治療するというよりも、母親の身体に蓄積された疲れを取り除くことが何よりも効果的なので、乳腺炎の場合は身体をいたわるようにしましょう。
乳腺炎になってしまう前に、うつ乳という症状があります。
この症状は、母乳が詰まるせいで乳房がまるでしこりのように硬い状態になっているものです。
大抵の場合痛みがありますが、激痛というほどの痛みでなければ授乳しても問題ありません。
うつ乳というのは、赤ちゃんにしっかり吸ってもらうことで改善することがあります。
くわえて、母乳を与えるときにしこりとなっているところをマッサージしながら行うことによって、しこりが改善されることもあります。
赤ちゃんをいつもとは違う向きでだっこして、吸い付かせる角度を変化させても解消に役立ちます。
出産のすぐ後に生じやすい症状は乳房うっ積と呼ばれるもので、乳房が突如張り出してパンパンなほどになる症状のことです。
この時は乳房の熱を冷やすことが重要です。
出産した直後に症状が起こる場合もよくあるため、産院で氷やジャガイモを擦ったものを使って、乳房を冷却した経験があるという人もかなりの人数いるはずです。