なぜ鬱の人をガンバレ!と応援してはダメなの?

サイトTOP > なぜ鬱の人をガンバレ!と応援してはダメなの?

なぜ鬱の人をガンバレ!と応援してはダメなの?

鬱だと病院から診断された人が身近にいて、苦しんでいる場合、通常ならガンバレ!と応援したくなりますね。
鬱なんかに負けないで頑張って!と言いたくなるだと言えると思います。
しかし、鬱のことについてちょっとでも調べたことがある人は、「鬱病(似たような症状の病気もあるので、診断がとても難しいでしょう)の人にガンバレと言ってはいけない」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。
それでは、なぜ、鬱の人をガンバレと応援してはいけないのでしょう鬱の人は、すでに必死で頑張っているため、これ以上頑張っても頑張りきれない状況のだそうです。
それなのに頑張れと言い続けるのは、本人を追い詰めてしまう結果につながりかねないのです。
このような時、日本語には適切な言葉が見当たらないようにも感じられます。
例えば、マラソン選手が沿道を走っている時、観客から「がんねって!」と声援を掛けられると、負担に感じてしまう事もあると呼んでいます。
また、日本のソフトボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)の選手は、選手間で「良いよ」と言う声を掛け合っていて、「頑張れ」の言葉は使わないようにしているだといえます。
鬱とは言え、患者本人も自分でやらなければならないことはわかりました。
ただ、それを実行することが非常に難しい状態に陥っているために、苦しみ悩んでいるのです。
そもそもうつ病(本人だけでなく周囲のサポートが必要不可欠でしょう)におちいったのは、頑張り過ぎてしまったことが要因にあるという事を念頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。
神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)に置いて考えてみてください。
うつ病(心の風邪なんて表現をされることが多いですが、治りにくさは風邪どころではないようです)の人は、ただ起床行う場合だけでも、普通の人みたいに気軽にはできなくなってしまっています。
二日酔いで動くのも辛い中、無理して必死に起き上がるといったくらいの気持ちでいらっしゃるのです。
他人から見ると、何もしていないように感じられるとしても、鬱の人はほんのささいなことでもものすごく精神力を使って、本人なりに努力しているということを理解するように努めてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加