コレステロールに関係ある活性酸素って何?

サイトTOP > コレステロールに関係ある活性酸素って何?

コレステロールに関係ある活性酸素って何?

コレステロール(たくさん含んでいる食品を食べ過ぎることが問題なのではなく、体内で正しくコントロールできないことがよくないのだとか)と活性酸素(抗酸化物質を摂取するのもいいですが、なるべく発生させないように努力するのも大切ですね)には、密接に関係しています。

何故なら、元々コレステロール(ビタミンCや水溶性食物繊維、ビタミンB3などが不足することにより、コントロールに問題が生じることが多いでしょう)は体に悪影響を及ぼす物質ではなくて、活性酸素によって体に害を与える物質に変化するからです。

そして、活性酸素(非常に毒性が強く、老化の原因とも考えられています)も本来だったら体に害を与える悪い物質ではないものです。

活性酸素(活性酸素の害から体を守ってくれると考えられているのが、スカベンジャーとも呼ねれる抗酸化物質です。加齢に伴い体内で作られる量が減るので、食物やサプリメントなどで補うことも大切ですね)は、体に有害なウイルスなどを抑制する役割をもっています。

しかし、何らかのきっかけで、この活性酸素(古くなった油には特に注意した方がいいでしょう)が大量に発生すると、悪玉コレステロール(肝硬変や甲状腺機能亢進症などを発症すると、?値が低くなります)を酸化させてしまい、有害な物質に変わってしまいます。

「コレステロール(高すぎるといわれたら、ビタミンA・C・Eをしっかりと取り、食物繊維もとるようにした方がいいですね)」や「活性酸素(古くなった油には特に注意した方がいいでしょう)」という言葉を聞くと、悪いイメージしかないのですが、元々はコレステロール(食物繊維やビタミンC、レシチンを摂ることで、余計なコレステロールを体外に排出しやすくなるでしょう)も活性酸素も、健康な体を維持する上で非常に大切な存在ですね。

では、何が原因で活性酸素(安定するために周囲の分子から電子を強引に奪ってしまうために、細胞の酸化が起こってしまうのだとか)が増加してしまうのでしょうね?

主な原因としては、次の5つです。

・喫煙(最近では、どんどん価格が上がっているため、止める人も増えてきました)
・加齢
・紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)
・食事
・ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)

喫煙や加齢、紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)、食事、ストレスなどが原因で、活性酸素(ストレス、紫外線などで増加し、老化の原因になるといわれています)は増加するだとされているのです。

特に、食品添加物(食品衛生法で禁止されているものは添加できないことになっています)が含まれたスーパー(激安を売りにしているスーパーがとても人気を集めているようです)やコンビニの加工食品には、気をつけて下さい。

双子の育児相談室 妊娠から子育ての悩みまで
双子の妊娠から子育てまで双子特有の育児の悩みについてまとめています。

このエントリーをはてなブックマークに追加