体操やストレッチで痛みを軽減できる?

サイトTOP > 体操やストレッチで痛みを軽減できる?

体操やストレッチで痛みを軽減できる?

椎間板ヘルニア(症状が現れていなくても、実は罹病していることもあるそうです)は、体操やストレッチ(体が硬い人でも継続して行うことで、徐々に柔らかくなっていくでしょう)で痛みを軽減できるんでしょう?

椎間板ヘルニアの時に、体操(最近では、マルモ体操やグルコサミン体操などがブームになっているようです)やストレッチ(色々なポーズをとることで、骨格筋を伸ねし、柔軟性を高めたり、可動域を広げたりします)をすると、痛みを軽減する事ができます。

なぜ、体操やストレッチ(無理に行ったり、間違ったやり方で行うと、逆に筋肉や腱を痛めてしまうこともあるでしょう)で痛みを軽減出来るのかというと、硬くなってしまった腰の筋肉や関節を緩める事が出来るからなのです。

それに、腰の筋肉を強化して、椎間板ヘルニアに負けない腰を作っていくこともできます。

ですから、出来るだけ毎日無理のない程度に、体操(最近では、マルモ体操やグルコサミン体操などがブームになっているようです)やストレッチ(ストレッチングともいいます。筋肉をあえて伸ねすことで、その筋肉の柔軟性を高めます)をなさって下さい。

椎間板ヘルニア(?痛の原因の一つとしてとても有名ですよね)の体操(最近では、マルモ体操やグルコサミン体操などがブームになっているようです)やストレッチ(自分の体の状態に合わせて毎日継続して行うことが大切です)は、どれも簡単なものばかりです。

・仰向けで寝転んで、両膝を抱えて1分その姿勢をキープする。
・まっすぐ立ち、足を軽く開き、前屈をして、体を起こし、両手を腰に当てて、上半身をのんびりと反らす。
・椅子(ロッキングチェアやマッサージチェアに憧れる人も少なくないのではないでしょうか)に座り、背筋を伸ばし、腕を上げて伸ばして、上半身を反らしていき、3秒その体勢を保ったら、元の体勢に戻す。

一日数分で簡単に可能ですので、ぜひやってみて下さい。

ただし、痛みが激しい場合は、体操(日本で一番有名なのはラジオ体操でしょう。真剣に毎日やると健康の維持に役立つそうですよ)やストレッチはせずに、安静にしておくといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加