腰痛がひどくなる椅子がある?

サイトTOP > 腰痛がひどくなる椅子がある?

腰痛がひどくなる椅子がある?

腰痛がひどくなる椅子というのは、座っている時の姿勢が悪くなってしまったり、腰に負担がかかってしまう椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)です。

まず、背もたれのない椅子(安楽椅子や肘掛椅子、スツール、ソファーなど、形状も座り心地も様々です)は論外です。

自分で背骨を支えなければならないため、背中や腰の筋肉が休まらず、負担がかかります。

次に、その背もたれが直立していたり、硬かったりする椅子(安楽椅子や肘掛椅子、スツール、ソファーなど、形状も座り心地も様々です)はいけないでしょう。

寄りかかろうとした時に、どうしても臀部が前に出てしまい、腰に負担がかかりますし、姿勢を変えることもできないからです。

背もたれが背中の半分より低い椅子も、腰には良くないでしょう。

寄りかかろうとすると、体が後ろに倒れてしまうので、腰に余った負担がかかるのです。

また、クッションが柔らか過ぎる椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)、厚すぎる椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)は、立ったり座ったりする時に反動がつけにくく、不自然な力が入ってしまいます。

以上のように、椅子(日本語では?かけともいい、色々な形のものがあります)の選び方で腰痛が酷くなったり、軽くなったりするためす。

特にパソコン(アメリカのインテル社のCPUが八割くらいの確率で使われているそうです。まさに、「インテル入ってる」ですよね)操作などといった座り仕事の多い人は、椅子(安楽椅子や肘掛椅子、スツール、ソファーなど、形状も座り心地も様々です)は慎重に選択して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加