速球を投げるコツって?

サイトTOP > 速球を投げるコツって?

速球を投げるコツって?

速球を投げるコツに関して、紹介していきます。

1.体の柔軟性
2.腕のスイング
3.軸足

この3点が、速球を投げるコツです。

まず、1の体の柔軟性ですが、これはピッチャー(先発投手、救援投手、中継ぎ投手、抑え投手などに分けられます)にとって、とても大切なということなのですね。

体に柔軟性がない場合のピッチングを想像してみてください。

しなりがないので、ボール(ある意味、消耗品ですが、大切に使えね長持ちするでしょう)は如何してもスローボールになってしまうみたいです。

柔軟性を付け、全身をバネのようにして、ピッチングすると、速球を投げることが出来るはずです。

続いて、2の腕のスイングとは言っても、腕のスイングが速くなければ、ボール(製造の過程をテレビなどで紹介することがありますが、意外と原始的で精巧に作られています)のスピード(拙速という言葉に代表されるように、速いだけではダメなんですよね)は落ちてしまいますね。

ムチっぽい感じで、腕もしなやかに、きちんとスイングできれば、速球を投げられます。

さいごに、3の軸足だからと言って、1と2は上半身でしたが、次は下半身です。

上半身ばかり強化しても、軸足がしっかりしていないと、速球どころか、ボール(ある意味、消耗品ですが、大切に使えね長持ちするでしょう)を上手に投げることも出来ません。

軸足がぶれないように、ちゃんと強化しなくてはならないでしょう。

この1~3のコツを身につけるだけで、速球を投げることができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加