デスクワークだと坐骨神経痛になりやすい?

サイトTOP > デスクワークだと坐骨神経痛になりやすい?

デスクワークだと坐骨神経痛になりやすい?

常に椅子(ロッキングチェアやマッサージチェアに憧れる人も少なくないのではないでしょうか)に座りっぱなしのデスクワーク(スーパー事務員のオダギリ展子さんの著書やサイトを読むと、事務仕事への概念が変わるかもしれません)をしていると、坐骨神経痛(?の下の方が痛む時には、疑ってみた方がいいかもしれませんね)になりがちなといえると思います。

デスクワーク(その名の通り、机の上で行う仕事全般のことをいいます)をしてる方は、常に同じ姿勢でいることが多く、その姿勢が坐骨神経痛(痺れや痛みを感じて、立ち続けたり、座り続けたりするのがつらいこともあります)にはよくないとわかっていても、なかなかその姿勢を矯正するというのは難しいのです。

デスクワーク(スーパー事務員のオダギリ展子さんの著書やサイトを読むと、事務仕事への概念が変わるかもしれません)でとりがちな姿勢は椎間板に取ってよくない姿勢なので、長時間続けていると腰椎の前弯がなくなってしまいます。

椎間板を傷める方向に力が加わり、しかも、それが長時間続いてしまうわけですから、坐骨神経痛(急性期には、マッサージや針治療などは行わない方がいいかもしれません)になり易いのも当然となるはずです。

坐骨神経痛を防止するには、こういう姿勢に長時間ならないように工夫をする事が大切なのです。

例えば、巻いたタオルやクッション(スポンジやビーズなどの柔らかい素材が入っている洋風の座布団のようなものですね)などを椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)と腰の間に置いたりして、腰椎の前弯がなくならないようにして座るようにして下さい。

このような工夫で、腰椎の前弯を保つことができます。

特に、腰痛持ちの人などは、坐骨神経痛(?の下の方が痛む時には、疑ってみた方がいいかもしれませんね)を防ぐためにも、上のような工夫をしたり、同じ姿勢にならないようにブレイクタイムをとるようにします。

このエントリーをはてなブックマークに追加