偏頭痛と肩こりの関係性って?

サイトTOP > 偏頭痛と肩こりの関係性って?

偏頭痛と肩こりの関係性って?

偏頭痛(一般的には、頭の片側だけが痛む、脈打つように痛むというのが特徴です)と肩こりの関係性ですが、ひどい肩こり(長時間同じ姿勢を取り続けることで筋肉が疲労して起こることが多いようです)にお悩みの方は偏頭痛の原因が肩こり(筋肉の疲労が原因であることが多いものの、病気が原因で起こることもありますから、自己診断は禁物です)であると言えますね。

偏頭痛(片頭痛とも表記します)が起こる要因として人により異なるため、かたこりが原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)と言う人もいれば、そうでない人もいるものです。

ただ、肩こり(頭痛や?痛などを伴うことも珍しくありません。肩だけでなく首や背中がこっていることも多いです)との関係性がなかったらいうわけではないことも確かですので、覚えておいてください。

そもそも肩こり(場合によっては、頸椎椎間板ヘルニアや頸肩腕症候群の初期症状のこともあります)は、筋が張ったりして痛みを伴う場合やパソコンなどといったデスクワークで肩に大きな負担が掛かってしまい、筋肉が緊張状態になってしまう事を指すのです。

また、肩は首をつうじて頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)につながっていますので、肩の不調がそのまま脳へと伝わってしまう場合もあります。

慢性的な偏頭痛(時には嘔吐などの症状を伴うこともあるでしょう)で悩まれる方が、普段から事務的な作業をしていたり、パソコンなんかの肩に負担を掛けてしまう作業を長時間行っている時には、肩こり(初期症状で対処しないと、どんどん悪化して、頭痛の原因にもなりかねません)が要因で偏頭痛(片頭痛とも表記します)が起こっているのかもしれないのです。

整体(骨格の歪みやズレを矯正することで、体調不良や不快な症状を改善しようとするものです)などに行き肩こり(筋肉の疲労が原因であることが多いものの、病気が原因で起こることもありますから、自己診断は禁物です)を改善すると、それに伴って偏頭痛(片頭痛とも表記します)も改善することが可能となりましたので、かたこりへの対策もしてみると良いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加