イソフラボンを摂れば胸が大きくなるってほんと?

サイトTOP > イソフラボンを摂れば胸が大きくなるってほんと?

イソフラボンを摂れば胸が大きくなるってほんと?

イソフラボン(胸を大きくする成分といえね、これというイメージが強いですね)を摂れば胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)が大きくなるということは、まだ科学的にはっきりと解明されていないだと言えるのではないでしょうか。

しかし、イソフラボン(あまりにもたくさん摂り過ぎると体に良くない影響が出る可能性があるそうです)は女性ホルモン(現代の女性は昔の女性に比べると、分泌量が減っているのだそうです)と似た感じの働きをするといわれているので、バストアップ(サプリメントや栄養素などを効果的に取り入れるといいでしょう)の効果があるんじゃないかと考えられているのです。

胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)が大きくなると言う事は、乳腺が発達するということです。

乳腺が発達して、その乳腺を守るように、乳腺の周辺に脂肪が付くと、豊かな胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)になる訳ですね。

胸を大きくしたいと思うなら、乳腺を発達させれば、自ずと胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)も豊かでしょう。

そのためにも、女性ホルモン(エストロゲン・卵胞ホルモンとゲスターゲン・黄体ホルモンの二種類あります)を増やせば乳腺の発達につうじるわけですが、成長しきった大人(いつまでもなりたくないと考える人も多いかもしれません。なにかと束縛されていると感じることも多くなるものです)の女性だったら、女性ホルモン(女性らしさを保つためには必要不可欠です)の分泌量は成長期(なるべく遅く訪れるほど身長が高くなるといわれています)や妊娠時のようにはいかないのです。

年齢と共に、女性ホルモン(エストロゲン・卵胞ホルモンとゲスターゲン・黄体ホルモンの二種類あります)の分泌量は減っていってしまうのです。

でも、イソフラボンで女性ホルモン(分泌が減少すると、様々な不具合が生じることが多いでしょう)と同じような成分を補充してあげれば、胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)も豊かではないかと思います。

冒頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)に記したように、科学的にはまだ証明されていないのですが、胸(昔から心はここにあると考えられてきました)を豊かにしたい女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)は、摂取量を守って積極的にイソフラボンを摂るようにしてみては如何でしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加